登戸の賃貸、向ヶ丘遊園の賃貸など川崎市多摩区の賃貸は秋葉不動産

044-922-0419 営業時間 10:00~18:00 メールでのお問い合わせはこちら予約フォーム

トップページ > 秋葉不動産インフォメーション
«  | 秋葉不動産インフォメーション |  »

ファミリーのご入居者様へ。 東京都で手足口病が流行っているようです。ご注意を!

株式会社秋葉不動産からのお知らせです!

当社管理物件に、ご入居頂いているファミリーのお客様へ。

フジテレビ系FNNニュースによりますと・・・
>>東京都で、7月に入ってから、手足口病の患者が急増している。

18日も、西日本を中心に35度を超える猛暑日となった日本列島。
暑さが続く中、子どもたちの間で急増しているのが、口の中や手足に発疹ができる「手足口病」。
東京・大田区にある「大川こども&内科クリニック」を訪れると、18日も、たくさんの子どもが診察に訪れていた。
このクリニックでは、半数が、手足口病を中心とする夏風邪だという。
手に発疹が出ていた男の子は、手足口病と診断された。
大川こども&内科クリニックの大川洋二院長は「ことしは、こういう内側とか、ひじに(発疹が)出てますよね。7月に入って急に増えて、先週、今週と倍増する感じで。先週の後半あたりから、(1日あたり)10人を超えて、きのう、きょうは14人、16人と、大変増えています」と話した。
手足口病は、主に小さな子どもがかかるウイルス性の感染症で、インフルエンザなどと違い、夏場に流行するのが特徴。
まれに、急性脳炎などを起こし、重症化することもあるという。
東京都では、7月に入ってから、手足口病の患者が急激に増え、14日までの1週間に報告された患者の数は、1つの医療機関あたり10.97人と、この時期としては、ここ10年で最多で、前の週の1.8倍になった。
東京都健康安全研究センターの杉下由行疫学情報担当課長は「おととし、(手足口病の)大流行がありまして、その時は、3週かけてピークまで達したものが、今回は1週で、ほぼその値に匹敵するような形で増加していますので、今後、さらに増えることが予想されます」と話した。
また、東京だけではなく、九州や中国地方など西日本でも、手足口病の患者が急増している。
小さな子どもがかかりやすい、手足口病。
おもちゃなどを口に入れてしまうことで、感染する可能性も高くなるという。
感染を防ぐには、どのようにしたらいいのか。
三重・伊勢市の中須保育園の大橋京子園長は「こまめに手洗い・うがいをしていただく。あとはタオルとかは共有せずに、1人ひとりのタオルを使って生活していただく」と話した。
手足口病には、ワクチンなどはなく、普通の風邪と同じように、手洗いやうがいなどで予防するしかないという。<<

特に、小さなお子様に上記のような症状が見られる場合は、お早めに、お近くの小児科で検診を受けてくださいね。
また、休日・夜間に、万が一の急患の場合は、下記の休日夜間診療施設へ、まずは電話を入れて、症状を伝え、指示を仰いでくださいね。
☆川崎市多摩休日夜間急患診療所 http://www.kawasaki.kanagawa.med.or.jp/emergency/nocturnal
なお、上記の診療所は、医師による応急処置と初期診断のみの対応ですので、翌日、改めて医療機関で受診を受ける必要がある場合もありますので、ご留意ください(医師の指示に従ってください)
株式会社秋葉不動産は、ご入居者の方の健康と笑顔を、影ながら見守る存在でありたいと思っております。
*登戸|向ヶ丘遊園|宿河原|久地|武蔵小杉|中野島|稲田堤|川崎市多摩区|賃貸|楽器可|楽器相談可|デザイナーズ|ハイグレード|新築|築浅|不動産|は、登戸の《株式会社秋葉不動産 https://www.akibafudousan.jp/》(川崎市多摩区)まで、お気軽にご相談ください♪
*秋葉不動産のfacebookページ → https://www.facebook.com/akibafudousan
 
このページの先頭に戻る